デフレ真っ只中のサラリー事情に直撃

中小企業はサラリーに苦しんでいます!脱却法まで徹底公開 - サラリーの基本概念について

サラリーの基本概念について

サラリーというのは、日本語で給料を意味します。
労働者が働くことにより、その対価としてサラリーを受け取るわけです。
サラリーは基本的に毎月1回振り込まれ、労働者にとっては至福の瞬間だと言えます。
サラリーが振り込まれれば、そのお金で欲しい物を買ったり、飲みに行ったりする人も多いですが、一方で光熱費や家賃の支払いなど、一気にお金を使ってしまう瞬間でもあります。
基本的にサラリーは、景気状況によっては大きく左右されるので、当然ですが景気が良ければサラリーの金額はアップしますが、景気が悪いとサラリーの金額はダウンしてしまいます。
もちろん会社経営の状況にもよるので一概には言えませんが、いずれにしてもサラリーがダウンすることは、労働者によっては致命的とも言えるのです。
そして、多くの企業ではサラリーの他に、ボーナスを支給しています。
年に1回ないしは2回、特別手当としてボーナスを支給しているのですが、このボーナスをもらう瞬間は、サラリー以上に嬉しい瞬間だと言えるかもしれません。
さて、サラリーについて重要な事項としては、あくまでもらえるサラリーは、税金などを天引きした金額となる点です。
当然ながら、日本には所得税というものが存在するので、そのような税金が引かれた金額で振込まれるのです。
ですから、手取りの金額を見て、がっかりする人も多いかもしれませんが、それは仕方がないことだと言えます。
専門職であったり、非常に高度な知識を要する職種の場合は、当然ですがサラリーの金額も大幅にアップします。
年収が1000万や2000万を超えるのが当たり前なので、そのような職種に就くことができれば、たくさんのサラリーを受け取ることができるわけです。
しかし一方で、激務や残業は当たり前で、プライベートの時間もほとんど取ることができないため、それらを犠牲にする覚悟が必要となります。
サラリーを取るのか、あるいは自由な時間を取るのか、人によって考え方は違うわけです。

給料と保険料の関係について

基本的にサラリーマンなどが受け取る給料というのは、保険料が天引きされた金額となります。
保険料には、健康保険料、雇用保険料、厚生年金保険料などが含まれています。
さらに、保険料以外にも所得税や住民税のような税金も給料から天引きされることになります。
したがって、給与額そのものは高くても、手取りの金額に関してはそこまで多くないケースが大半なのです。
さて、天引きされる保険料に関しては、収入はもちろんその人の家族構成によっても異なります。
独身か結婚をしているか、さらに子供がいるかどうかによって天引きされる保険料が違ってくるのです。
また、扶養家族の収入も考慮されるので、例えば奥さんがパートなどで収入を得ている場合は、その収入によって保険料が大きく異なるケースもあるのです。
保険料や税金の天引きは、正直労働者やその扶養家族にとっては、喜ばしいものではありません。
保険料に関しては、まだ何かあった時の保険だと割り切りこともできますが、税金に関しては支払ったところで戻ってくるものでもないので、できれば払いたくないのが本音でしょう。
しかし、日本に住んでいる以上は、税金を支払う義務がありますから、仕方がないと思うしかありません。
天引きされた金額だけでは、生活が苦しい人も多いでしょうから、副業などで収入を補う人も多いです。
ただ、会社によっては副業が禁止されているところもありますし、副業をしたくても時間がない人も多いです。
何より、副業で稼いだお金に関しても、それはそれで税金の対象となってしまうので、さらに多くの税金を支払うことになりかねないのです。
今の日本社会は、少し労働者に優しくないシステムだと言えるかもしれません。
もう少し税金の負担を軽くしたり、何らかのシステム改善をすべきだと個人的には思います。
もちろんだからと言って、高所得者の税負担を大きくしてしまうと、今度は労働意欲低下を招いてしまうので、それはそれで問題ではありますが。

Copyright(C)2014 デフレ真っ只中のサラリー事情に直撃 All Rights Reserved.