デフレ真っ只中のサラリー事情に直撃

中小企業はサラリーに苦しんでいます!脱却法まで徹底公開 - 自己破産をすればクレジットカードもやはり作れない

自己破産をすればクレジットカードもやはり作れない

自己破産をした場合は、もちろん信用を失いことになります。
その証拠として、信用機関にブラックリスクに掲載されます。
したがって、自己破産者がクレジットカードを作ろうとしても、まず作ることはできません。
むしろ、すでに所持しているクレジットカードに関しても、利用を停止されてしまうのです。
カード会社は、必ず申込者の信用機関の掲載をチェックします。
ですから、ブラックリストに掲載されているかどうかは、一瞬で分かってしまうのです。
当たり前ですが、ブラックリストに載っているような人には、クレジットカードは発行することなできないのです。
クレジットカードの「クレジット」というのは、日本語で「信用・信頼」という意味なのです。
つまり、信用できる人だからこそ、カード会社も料金の立て替えを行うのです。
しかし、ブラックリストに載っているような人では、料金を立て替えても、本当に返済してくれるかどうか信用なりません。
カード会社としても、お金を返済してもらえないという事態だけは、絶対に避けないといけないのです。
したがって、ブラックリストに掲載されている間は、クレジットカードの発行は一切できないと思った方がいいでしょう。
最低でも10年間は、クレジットカードとは無縁の生活を行わないといけなくなります。
クレジットカードが使えなくなると、もちろん不便になることは多いです。
クレジットカードでしか利用できないサービスもたくさんありますし、買い物にしてもサービスの利用しても、全て現金で行わなければいけなくなります。
まあ、自己破産をしたことで、借金を免除されたわけですから、その程度の制約を受けるのは当たり前だと言えます。
もちろん他にも様々な制約を受けることにはなりますが、それは全て自己責任なのです。
むしろ、借金を免除してもらったことで、多くの債権者は被害を受けたわけですから、お詫びの気持ちを持ちながら暮らしていかなければなりません。

関連記事

Copyright(C)2014 デフレ真っ只中のサラリー事情に直撃 All Rights Reserved.