デフレ真っ只中のサラリー事情に直撃

中小企業はサラリーに苦しんでいます!脱却法まで徹底公開 - 自己破産をすると携帯電話の利用も制限されるか

自己破産をすると携帯電話の利用も制限されるか

自己破産をしたことで、様々な制約を受けることになります。
まず、クレジットカードやキャッシングサービスの利用ができなくなり、ローンを組むこともできなくなります。
もちろんお金の融資も一切できなくなります。
また、弁護士や税理士など、指定された職業に就けなくなってしまいます。
したがって、様々な制約を受けながら生活していかなければならないのです。
さて、1つ気になるポイントとして、自己破産をしてしまうと、携帯電話の利用も制限されてしまうのでしょうか。
今の時代は、携帯電話を持つのが当たり前となっているので、携帯電話の利用が制限されてしまうと、かなり不便になってしまうでしょう。
結論から言えば、ある程度の制約は受けることになります。
ただ、全く利用できなくなるわけではないので、その点について説明していきたいと思います。
まず、自己破産をすると、信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまいます。
もちろん携帯会社も、申込者の信用情報はチェックします。
そして、もし申込者がブラックリストに登録されている場合は、携帯電話を分割で購入することや、場合によっては契約自体を拒否される可能性もあるのです。
さらに、自己破産宣告をした時に、携帯電話を分割で購入しており、分割での債務が残っている場合は、債務が免除される代わりに、所持している携帯電話が利用できなくなります。
しかし、債務がない状態で、なおかつ通話料金などを滞納していないのであれば、所持している携帯電話は引き続き利用することができます。
さて、ブラックリストに掲載されている以上は、携帯電話の購入や契約で制約を受けることは事実ですが、少なくとも滞納履歴がないのであれば、一括で携帯電話を購入して契約することは、よほどのことがない限りは拒否されることはありません。
結論から言えば、ある程度の制約は受けるものの、クレジットカードやキャッシングのように、完全に利用が停止されるわけではないのです。

関連記事

Copyright(C)2014 デフレ真っ只中のサラリー事情に直撃 All Rights Reserved.