デフレ真っ只中のサラリー事情に直撃

中小企業はサラリーに苦しんでいます!脱却法まで徹底公開 - 2014年サラリーランキング

2014年サラリーランキング

サラリーの平均月収は30万円前後だと言われていますが、もちろんこれは職種によって大きく異なります。
人によっては、少しでもサラリーの高い職種に就きたいと思う人もいるかもしれません。
サラリーの高い代表的な職種と言えば、やはり医師でしょう。
年収数千万円は当たり前で、医師によっては年収1億を超える人もいます。
もちろん、医師になるはそう簡単なことではなく、医師になるまで凄くハードルが高いですし、医師になってからもかなりの苦労を要します。
他には、弁護士、会計士、税理士、司法書士のような、いわゆる難関国家資格を必要とする職種です。
ただ、これらの職種に就けば、必ず高年収になるかと言うと、そうとも限らないのです。
独立している人の中には、医師に匹敵するほどのサラリーを稼いでいる人もいますが、一方でサラリーマンとあまり変わらないぐらいの年収の人もいるのです。
あとは、大企業であったり、一流商社、銀行などもサラリーは高くなるでしょう。
特に最近ではIT関連の企業が人気となっており、サラリーが高いだけでなく安定もしているので、学生にはかなり人気があるようです。
もっとも、これらの仕事はいずれも激務ですから、サラリーと引換にプライベートの時間は削られることを覚悟しなければいけません。
他に特殊なケースとしては、プロスポーツ選手などは、億単位の年収を稼いでいる人も多いです。
そして、自営業で年収数千万円も稼いでいる人もいるので、自分の努力次第でサラリーをガッツリと稼ぐこともできるのです。
ただ、どんな場合であっても、サラリーをたくさん稼ぐことは凄く大変なことでもあります。
稼げるようになるまでも大変ですし、稼げるようになってからも、常に忙しさがつきまとうのです。
ですから、人によってはサラリーは平均程度でも、プライベートの時間もしっかりと持てるような仕事を希望する人も多いです。
サラリーを重視するのかプライベートを重視するのか、もちろん両立できれば最高ですが、現実はどちらかを犠牲にしなければならないのです。

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →
Copyright(C)2014 デフレ真っ只中のサラリー事情に直撃 All Rights Reserved.