デフレ真っ只中のサラリー事情に直撃

中小企業はサラリーに苦しんでいます!脱却法まで徹底公開 - 副業での給料は計算ソフトで事前にチェック

副業での給料は計算ソフトで事前にチェック

本業のある人の中には、副業でお金を得ている人も多いと思います。
人によっては、年に数十万円程度稼いでいる人もいれば、100万を超えるほど稼いでいる人もいるでしょう。
さて、副業でもらった給料に関してですが、もちらは税金の対象となってしまいます。
一定以上のお金を副業で稼いだ場合は、確定申告をする必要があるのです。
本業がある人の場合は、年に20万円以上副業で稼いだ場合は、確定申告の義務が発生します。
もっとも、それぐらいの金額だと確定申告をしている人はほとんどいないと思いますが、さすがに年に100万を超えるぐらい稼いでいるのであれば、確定申告は行った方がいいでしょう。
副業に関しては、企業によっては全面的に禁止としているところもあります。
確かに、副業をすることで本業に影響が出る可能性は大いに考えられます。
もちろん、法的には一切問題はないのですが、会社の規則で記載されている以上は、もし副業がバレてしまったら、何らかの処分を覚悟しなければならないでしょう。
ちなみに
公務員の場合は、法律で副業が禁止されているので、こちらはバレてしまったら懲戒免職の可能性もあるので注意が必要です。
いずれにしても、会社規則で副業に関する規則が書かれていないかどうか、しっかりと目を通すようにしましょう。
さて、副業とは言っても定義はかなり曖昧だと言えます。
例えば、飲食店などで働けば明らかに副業だと判断されるでしょう。
ただ、ポイントサイトやアンケートサイトで稼いだ場合や、株やFXで利益を得た場合も副業と判断されるのでしょうか?
厳密に言えば、これらも副業と判断されます。
他に、アフィリエイトやオークションも、厳密には副業だと判断されます。
ちなみに、競馬や宝くじなどの配当で得たお金や、副業で得たお金とは判断されないので、たとえ公務員であっても配当を受け取ることは問題ありません。
ただし競馬などの公営競技で利益を得た場合、一定以上の金額を超えると納税義務が発生するので注意が必要です。

Copyright(C)2014 デフレ真っ只中のサラリー事情に直撃 All Rights Reserved.