デフレ真っ只中のサラリー事情に直撃

中小企業はサラリーに苦しんでいます!脱却法まで徹底公開 - 給料の手取りについて知ろう

給料の手取りについて知ろう

会社員の人が会社からもらえる給料というのは、税金や保険料が引かれた金額となります。
したがって、よく年収○○万円なんて言われていますが、実際にもらえる金額はそれよりも低いのです。
サラリーマンの平均手取りは、月に26万円程度だと言われています。
少ないように思われるかもしれませんが、あくまでも税金や保険料を全て差し引いた金額なので、決して少ないわけではありません。
もちろん職種や役職によっては、手取りだけで100万円を超える人もいます。
逆に、手取りだと20万円未満の人もいるので、人によって差はかなり異なるわけです。
ちなみに自営業の人であれば、もちろん税金や保険料などは差し引かれません。
しかし、その分自分で収めなければいけなくなるので、結局あまり変わらないと言えます。
さて、税金で差し引かれた税金に関しては、確定申告をすることでいくらか戻ってくることもあります。
特に会社員の人は、副業で稼いでいる人でもない限りは、確定申告をする機会はないと思います。
しかし、少しでもお金が戻ってくるのであれば、手間はかかるかもしれませんが、確定申告をした方がいいでしょう。
給料に関しては、原則として銀行振込となります。
昔は手渡してで渡していたところも多かったですが、今ではほぼ必ず銀行振込だと言えます。
ただ、初任給だけは手渡しにして、新入社員に働く実感を持ってもらうという会社も存在します。
いずれにしても、給料の手取りというのは、今働いている人はもちろん、これから働く社会人間近の人にとっても、非常に気になる部分だと言えます。
特に最近は、景気もあまり良くありませんし、消費税も増税されることから、ますますお金に関してはシビアになる人も多いと思います。
せめて給料の手取りがもう少しアップすれば、増税や社会保険料の負担も気にならなくなるでしょうが、現実はそうもいかないのです。

Copyright(C)2014 デフレ真っ只中のサラリー事情に直撃 All Rights Reserved.